ディフェンス

1-1-3マッチアップゾーン 動き方でよくある悩み【バスケのディフェンス】

こんにちは、三原です。

今回は「1-1-3マッチアップゾーン 動き方でよくある悩み」というお話です。

これを読んでいるあなたは、バスケのディフェンス「マッチアップゾーン」に興味があることでしょう。

  • マッチアップゾーンをより深く理解したい。
  • やったことがあるけど、こんな時どうするの?という疑問がいっぱいある。

そんなあなたの悩み、この記事で解決します。

本記事を読むメリット

  1. 1-1-3ゾーンのシステムを深く理解できる
  2. マッチアップゾーンをプレイする、指導することができるようになる。

この記事を書いているわたしは、バスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で、日々バスケの研究と、役に立つ情報発信をしています。

1-1-3マッチアップゾーン 動き方でよくある悩み

ここで紹介するのは「1-1-3」の形のゾーンディフェンスです。

まずは前提として、マッチアップゾーンとは何か?という概要は

こちらをお読みください。

→ 【バスケ】マッチアップゾーンディフェンスとは?

そして1-1-3マッチアップゾーンの具体的な動き方についてはこちらです。

→ マッチアップゾーンの動き方(1-1-3ゾーン)【バスケのディフェンス】

そして、わたしの指導経験から、良くある悩みは次の3つです。

  • ハイポストにボールを入れられた
  • ローポストにボールを入れられた
  • ウイングは誰がマッチアップするの

ひとつずつ見ていきましょう!

ハイポストにボールを入れられた

ハイポストはオフェンスにとって最高の場所です。

  • コートの中央
  • オフェンスは360度の選択肢がある

ここにオフェンスとしてはボールを入れたいわけです。

もちろん、ディフェンスからすれば、ここに入れられるのは嫌です。

でも入れられることはあります。

そんなときは

  • 下3人のうち「真ん中」が必ずマッチアップ
  • 上の2人は左右からカバーに寄る

というようにして、ハイポストからボールを出させましょう。

特に『下3人のうち「真ん中」が必ずマッチアップ』という約束は

明確にしておけば選手は迷わずプレイできます。

ローポストにボールを入れられた

ローポストはゴールに最も近い場所です。

シュートに直結するところなので、絶対にボールを入れられたくない所です。

通常は、図のように#5は

  • 自分がオフェンスのつもりで
  • オフェンスの前に立つ

というように守ります。

でも時にはそれができず、ローポストにパスが入れられることがあります。

この場合は

  • #5はエンドラインを抜かれないように
  • #3は後ろからカバーダウン
  • #2はダブルチームに行く準備

という対処です。

#5はエンドラインを抜かれないように」がとても大事で

エンドラインを抜かれると簡単にシュートされるからです。

内側を抜かれるには、カバーがいます。

これはローポストディフェンスの鉄則です。

ウイングは誰がマッチアップするの?

フリースローラインを境に

  • 上は2人がディフェンス
  • 下は3人がディフェンス

という役割にしているだけに、ちょうど境目は

  • どっちがディフェンスするの?

と迷うところです。

これは「あいまいなところは下が出る」というルールにしましょう。

  • マッチアップするときは
  • ボール出るよ!と大声で知らせる

というルールも徹底させた上で、

境目は下から出るという約束にしておけば、迷いません。

上と下の2人が出ちゃっても大丈夫です。

このときは

  • 下の人が「いいよ」と言ってあげて
  • 上の人が「オッケー」と言って下がる

という受け渡しができればOKです。

最悪なのは「どっちも行かない」がダメです。

  • 「基本、下が出る」と約束にしておいて
  • 大きな声でコミュニケーション

これで迷いを断ちましょう。

ゾーンディフェンスはおもしろい

ここまで読んだあなたは、まちがいなくゾーンディフェンスに興味があることでしょう。

ぜひやってみてください。

ぜひ指導してみてください。

  • 良いマンツーはゾーンに見える
  • 良いゾーンはマンツーに見える

という名言がありますが、

ゾーンをすることでマンツーも上達する、という事実があります。

  • カバーの感覚
  • コミュニケーションの上達
  • 予測能力の向上

こういうものはゾーンをすることで高まります。

試合で使えるのはもちろんですが、

  • ディフェンス能力の向上のためにゾーンを練習する

というのは、良いことです。

ゾーンディフェンスはおもしろいです。

教えてあげれば、喜んでプレイします。

もしかしたら、ミニバス・中学の指導者の方なら

  • ゾーンは禁止だからなあ

とお考えかもしれません。

確かに試合ではルール違反になりますが、

練習では「こういうものもあるよ」と教えてあげて、

「これでマンツーもうまくなるよ」と言ってあげれば、

練習でゾーンをやるのはありだと思います。

ぜひあなたのバスケットにお役立てください。

 

【あなたへのオススメ】

わたしの「バスケ教科書」です。

電子書籍なので、もしよければクリックしてご覧ください。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1231334663622287360?s=20

アマゾンでの電子書籍はこちらです。

  

【参考DVD】

明成高校・佐藤先生のビデオです。

ゾーンディフェンスを実際に高校生に指導しながら理論が学べる内容です。

コーチが見て勉強になるのはもちろん、選手に見せてもイメージトレーニングになります。


 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する