ディフェンス

マッチアップゾーンの動き方(1-1-3ゾーン)【バスケのディフェンス】

こんにちは、三原です。

今回は「マッチアップゾーンの動き方(1-1-3ゾーン)」というお話です。

  • マッチアップゾーンって、何がいいの?
  • 具体的にどうやって動けばいいの?
  • どうやって教えればいいの?

そんなふうに考えていませんか?

この記事では、その悩みを解決します。

本記事を読むメリット

  1. マッチアップゾーンのルールが理解できる
  2. 1−1−3ゾーンの具体的な動きがわかる

この記事を書いているわたしは、バスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で、日々バスケの研究と、役に立つ情報発信をしています。

マッチアップゾーンの動き方(1-1-3ゾーン)

ここで紹介するのは「1-1-3」の形のゾーンディフェンスです。

まず「マッチアップゾーンってそもそも何?」ということを知るには

こちらの記事を読んでからの方が、理解が深まります。

→ マッチアップゾーンとは?

さて、マッチアップゾーンの具体的な動きにいく前に

  • マッチアップゾーンには3つのルールがある
  • そのルールにしたがってプレイする

ということを押さえておいてください。

3つルールは

  1. ボールマンにはマンツーマン
  2. 隣のスポットを埋める
  3. ボールに最も近い人がマッチアップ

動きの理解を深めるために、まずはルールを理解しましょう。

1)ボールマンにはマンツーマン

最初のルールがこれです。

ボールにはマンツーマンでマッチアップです。

具体的には

  • ワンアーム(腕一本分の距離)
  • ノーミドルの方向づけ

でマッチアップします。

後ろの4人はゾーンでカバーの準備をしているので

ふつうのマンツーよりもより積極的に仕掛けてOKです。

ちなみに「ノーミドルの方向づけ」について詳しく知りたければ、

こちらをクリックして下さい。

→ 最強のディフェンス理論『ボックス理論』 【バスケ理論】

2)隣のスポットを埋める

「スポット」というのは、下の図の場所です。

  • ウイング(45度)
  • エルボー(フリースローラインの角)
  • ハイポスト
  • ローポスト
  • フープ(ゴール下)

例えば、ボールが右45度にあれば、

その隣から順に、4人がスポットを埋めるということです。

3)ボールに最も近い人がマッチアップ

これはそのままです。

ボールに誰がマッチアップするのか、については

その時に「ボールに最も近い人」です。

自分がマッチアップだと思ったら

「ボールいいよ!」と大声を出してマッチアップしましょう。

具体的な動き方

1-1-3のポジションは、下の図のようになります。

ざっくり分けると

  • フリースローラインより上は、#1と#2の2人で守る
  • フリースローラインより下は、#3、#4、#5の3人で守る

という感じで役割分担を考えます。

上の2人

#1はボールにマッチアップです。

#2は隣のスポットなので「ハイポスト」を埋めます。

パスが出されたら

  • #2が一番ボールに近いので、マッチアップ
  • #1がハイポストを埋める

というようにローテーションです。

必ずハイポストを埋める、ということが重要です。

上の2人は、基本このようなピストン運動です。

下の3人

下の3人は「見えないヒモでつながれている」とイメージしましょう。

3人が等間隔のまま、ごそっと動く感じです。

パスがウイングに出されたら

  • #3がマッチアップ
  • #4がローポストを埋める
  • #5がフープを埋める

このように、3人がまとめて動きます。

ショートスライド

少し特別な動きは「コーナーにパスを出せれた時」ですね。

  • 一番近いのは#5なので、ボールにマッチアップ
  • 一瞬ローポストが空いてしまうので
  • #3がローポストに下がってくる
  • #4はフープでカバー

というローテーションになります。

#3が真ん中の位置に下がる」というのがミソです。

この動きを「ショートスライド」と言います。

これは練習しないとできないので、やっておきましょう

パスカットを狙うところ

ボールがウイングに落ちたら

  • #3がマッチアップ
  • 下の3人が連動

します。そして上の2人は

  • #2がエルボー
  • #1がハイポスト

というようにスポットを埋めます。

インサイドはまったく攻めるスペースがないことがわかりますね。

パスはコーナーに出すしかないので、コーナーに行きます。

  • #3、#4、#5がショートスライド
  • #2がウイング
  • #1がエルボー

というようにスポットを埋めます。

特にウイングのディフェンスは、

  • ちょっと空けといて
  • わざとパスを出させて
  • それをカット

パスカットを狙うのは、ここです。

とてもうまく行きやすいですよ。

まとめ:1-1-3は動きが簡単です

以上が1-1-3の動き方です。

上の2人と下の3人がわかれて練習できるので、理解しやすいです。

マンツーマンだけでなく、マッチアップゾーンも練習しておきましょう。

けっこう簡単で、すぐできます。

しかも効果絶大ですよ。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ぜひあなたのバスケットにお役立てください!

 

【参考DVD】

明成高校・佐藤先生のビデオです。

ゾーンディフェンスを実際に高校生に指導しながら理論が学べる内容です。

コーチが見て勉強になるのはもちろん、選手に見せてもイメージトレーニングになります。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する